妊娠糖尿病その後☆2

★妊娠糖尿病と診断されるまでの経緯

gahag-0035340571-1


妊娠期間中、何度か採血され、血糖値を調べられます。

母は、妊娠12w、妊娠20wの採血では血糖値の異常は認められませんでした。

どこでひっかかったか。

妊娠26wの糖チャレンジ試験(50gGCT)という、50gの超甘いサイダーみたいなのを摂取して

1時間後の血糖値を測定し、それが140mg/dl未満かどうかという検査で

母の数値は170mg/dlだったため、次の検査に回されることになりました。

妊娠28w頃に、糖負荷試験(75gGCT)という、前回の試験のサイダー増量(50g⇒75g)を

摂取して、1時間後、2時間後の血糖値を測定するという検査で、

2時間後の数値が153mg/dl未満でいなければならないところ、確か170mg/dlくらいだったため、

さらなる精密検査、ということで一泊二日の管理入院の元での血糖日内変動測定をし、

その結果を持って、高度医療機関(県立病院)への転院となりました。


★妊娠糖尿病その後…

ninpu1


県病への転院後、もう一度、血糖日内変動測定をするため、今度は2泊3日で入院。

その結果も、120mg/dl未満でなければならないところ、数回数値がはみ出ている

(とはいっても、121、123とか)ところがあったため、インスリンの投与の必要性について

内分泌内科での受診もすることに。

結果。

はみ出し方が本当に微妙なラインであるため、インスリン投与は見送り、

食事療法で様子を見ることになりました。

この「インスリンを打つか、打たないか」がものすごく大きなところで、

もし、インスリン投与となってしまった場合、妊娠37wおよび38wは強制的に管理入院と

なるようですが、母の場合は、幸い、本日現在まで、インスリンの投与はないため、

自宅での毎食後の採血&食事療法に取り組みながら、週1の受診で済んでいます。


★妊娠糖尿病と診断されてしまった場合の食事療法


gahag-0063839488-1


妊娠糖尿病と闘っていくには、まず敵を知らねば…

ということで、参考になったのがいろんな方の体験談など。

「糖質制限」とか「(妊娠)糖尿病」という検索ワードで先人の体験談を読み漁りました。

<食事療法>
1  糖分を減らし、栄養バランスのよい食事を心がける
2 ご飯やパン類、穀物類など、糖質に変わる炭水化物の摂取量を抑える
3 決められた1日の摂取カロリーを守る
4 スポーツ飲料などの飲み物や果物も取り過ぎないようにする



母の生活スタイルは、朝はパン食、昼はおにぎり+スープなどの軽食、夜はごはんがっつり、

というものでした。 さて、実際どのように取り組んでいるか?

1の「糖分を減らす」では「砂糖」を変えました



エリスリトールは「糖質」の一種だけれど血糖値に影響を与えないという糖質です。

これの導入で料理の味付けの際にあれこれ悩む必要がなくなりました。



2の「炭水化物の摂取を抑える」ではまず、「小麦のパン」をあきらめました。

パン(=小麦)が結構な糖質があることがわかったからです。

菓子パンは完全NG.。 食パンでも種類によっては高糖質なものがあることもわかりました。

その他、小麦は様々な調理に用いられているので、極力摂らないようにしています。
(揚げ物全般(衣)、カレー・シチュー系)

母は毎朝パン食が基本なので、自分で大豆粉パンを焼くことにしました。

大豆粉を使ったパンは糖質がかなり抑えられることがわかったからです。



<参考としているレシピ>

HBで紅茶香る糖質制限 大豆粉パン

糖質制限 ふわふわ美味しい 大豆粉食パン

低糖質☆ゴマヨグ大豆食パン


あと、「白米」もあきらめました。

母の場合、「ご飯」を半量に減らしても、血糖値が120オーバーになってしまうからです。

  

ダイエットにもおすすめ!白ごはんの代わりに「ソイライス」はいかが?

母の場合は、夕飯時の白米を木綿豆腐半丁を炒ったもの(面倒な時は単に木綿豆腐をレンジで温めるだけ)

を白米代わりに食べています。


3の「決められた一日の摂取カロリー」は、母の場合1840キロカロリー。

普段は特にカロリー計算はしていません。

糖質制限でおそらく相当カロリーは抑制されていると思われるため。

実際、毎回検診時の体重測定では「前回より減っていますね、がんばっていますね」

と言われています。 実感としても、太ももやおしりが自分史上最も痩せているような気がします…

とはいえ、ダイエットが目的ではないので、過度な体重減少は不本意なのですが…

あと、気を付けているのは、毎食、必ず野菜から食べるようにするということ。

糖の吸収を緩やかにしてくれるみたいです。

主食は気を付けていますが、おかずは他の家族と同じものを食べます。(カレーやシチューは別ですが)

お肉や卵は特に制限なし。 そこはちょっと気が楽です。





4の「飲料・果物を摂りすぎないように」は、基本的に飲み物はノンカフェインのお茶・珈琲、

果物は摂取しないことを心がけています。


脚がつりやすくなったので、バナナを半分食べたら一気に血糖値が上がってしまったので

それ以降、基本的に果物は食べない。 間食もなし。



あと、母の場合は、「分食」をするように言われています。

朝昼晩の3回の食事でとる炭水化物を半量に抑え、残りの半量をその合間の時間に摂る、

というものです。

分食のたびに、食事を作るのは面倒なので、母の場合は、1回にまとめて作っておいたものを

1日かけて食べる、というスタイルが多いです。 

あと、間食が禁じられているので、この「分食」タイムで少しでもおやつ的な感じを味わいたいと

日々、あれこれ画策(?)しています。




<お世話になっているレシピ>
糖質制限 ※3分※おから蒸しパン《極限》

☆おからパウダーでチーズ蒸しパン☆

大豆粉のパンケーキ


とりあえず、このような感じで食事療法に取組み、1日1回1時間弱のお散歩も義務付けて

今のところ、なんとかインスリンは回避。 自宅での妊婦生活を続けています。

でもねー。 実際、大変です。この生活。

今は産休だからできているけど、もし、もっと早い時期に「妊娠糖尿病です」って言われて、

仕事をしながら、この生活ができたかというと、たぶん無理だと思います…。

すべての妊娠糖尿病の方にあてはまるとは思いませんが、

母のように、「妊娠糖尿病の管理入院を自力でなんとか回避したい」という方の

少しでも参考になればなーと思い、今回の経緯をアップしました。


↓押していただくととっても喜びます♪
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

Comment

ももびー
私は高血圧もちですが血糖は指摘された事がないので「厳しいなぁ。」って感じですね。
私の時代には、普通の血液検査しかなかったし。
まぁ、血圧も塩分制限が大変ですけどね。
血糖と言えば、昔は「金持ちがなる病気」なんて言われた事もあるらしく、豪華な食事でなるってイメージもあります。
きっとカロリーが高いって事なんでしょうね。
私的にはカロリーに気を配って痩せたなら羨ましい。
妊娠中の体重って子供が元気に成長していたらあとは増えない方が良さそうだし、きっとそこはキチンとチェックしてますよね。
それに生まれるまでの我慢。
がんばれーーー

ところで、私は特別な時以外夕飯は白米を食べてません。(特別な時って家族でお寿司とか外食の時)
ダイエットも考えてやってますが、朝も食べない事が多く、しっかり食べるのは昼食・・・
夕食はおかずのみ。
白米好きなので最初は口寂しかったけど、無ければ無いで慣れますね。
2017-01-24 #- URL Edit

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miffy_suzu

Author:miffy_suzu
天然系中2男子としっかり者の小4女子、マイペース3歳女児、目力ありの0歳児のママです。
'08年4月に職場復帰!
'13年12月に第3子の女児を出産。
'14年4月に再び職場復帰!
'17年2月に第4子の男児出産(現在育休中)
特撮好き(特に仮面ライダー好き)ですが、最近は北欧アイテムも気になる…。

ランキング参加中☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもありがとうございます。
更新の励みになります

おきてがみ☆

足跡記録にどうぞ。
後ほど訪問させていただきます

お弁当☆
obento

お弁当は月1なのでゆっくり更新中です☆
好きなもの★

電王
電王大好き♪ モモ大好き♪♪

comic-calendar-165x100
マンガ大好き♪
記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
ほしいもの☆
シューメーカーチェア


木製サービングプラター


リサラーソンのまねきねこ


素敵な時計


窓用電動クリーナー


おもしろハンコ
カテゴリー
フリーエリア
メールはコチラから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
あしあと
RSSリンクの表示